語る、また語る

話したいことを書いています。

今日の風に吹かれつつ

そんな時代もあったねといつか話せる日がくるわあんな時代もあったねときっと笑って話せるわだから今日はくよくよしないで今日の風に吹かれましょう 言わずと知れた名曲、中島みゆきさんの「時代」。いつかは、どのくらい先かはわからないけれど、だれかに話…

秋風とケルト音楽~デンマークのインストバンド Dreamers' Circus~

秋風が吹いてくると、無性に聴きたくなるのがケルト音楽。ケルト音楽というのは、アイルランドやスコットランドの伝統音楽のこと。言語化するのはむずかしいのだけど、わたしが好んで聴くのは、清涼感があり、軽快で、あたたかみのある音楽だ。澄みきった高…

生きがい、それは。

今もブログを続けているのは、大げさじゃなく、すごいことだと思う。いくつもブログをつくったけれど、ここまで続いたのは、このブログだけである。いろいろなものが上手く回って、続いたんだと思うけれど、やっぱり読者の方々の存在は大きい。読んでくれる…

自分とつき合う

わたしはのんびりしている。だから、せっかちな人とは合わない。そういう人には近づかないようにするけれど、どうしてもというときもあるから、そのときは、できるだけ二人で何かをしないようにする。というか、自分と合わない人にはみんなそうする。いや、…

待つことはよろこびである~荒井良二さん絵本「こどもたちはまっている」~

自分に向けて、一番たくさん読んでいる絵本、荒井良二さんの「こどもたちはまっている」。 こどもたちは まっている (亜紀書房えほんシリーズ〈あき箱〉3) 作者:荒井 良二 亜紀書房 Amazon この絵本を見ているときは、いろいろなことを忘れている。深みのあ…