語る、また語る

話したいことを書いています。

コレクションは、紺色の服の数々

私は、紺色が好きである。

服も6割が紺色ではないかと思われる。

「コレクション」というほど
意図的に集めているわけではないが、
気づけば、紺色の服ばかりである。

特にトップスだ。
シャツ、カットソー、カーディガンなど、
それぞれの種類に必ず紺色のものがある。

中でも5着持っているのが、
紺色のシャツである。

そしてこれらは、
ほどんどが母からのプレゼントだ。

私が紺色を好んでいると知っているため、
何かにつけてを贈ってくれる。

実際に普段着ているのは、
そのうち1枚ほどだが、
いつか着ることもあるだろうし、
残りの4枚もクローゼットで
出番を待っている。

よく着ているシャツは、
スタンドカラ―シャツで、
1年中着れるところが重宝している。

f:id:katari_mata_katari:20220215170558j:plain

こんなイメージのシャツ
https://fromtoya.shop-pro.jp/?pid=150424217


素材はコットン100%。
ガーゼのような素材でやわらかく、
薄い生地で、ゆったり着れるものだ。
袖は九分袖だと思われる。

春と秋と冬は、
ロングTシャツや
タートルネックの上からはおり、
肌寒い場合は
カーディガンをはおって調節する。

夏は、1枚で着る。
ガーゼのような素材なので、通気性がよく、
そんなに暑くない。
夏は冷房の入っているところに
いることも多いので、
袖が長いと寒さ対策にもなる。

そんなこんなで、
私の紺色の服は年々少しずつ増えている。

そもそもコレクションとは、
実際に使用などしなくても、
持っているだけで満足するという
側面もある。

紺色の服の数々も同様で、
たとえ着ていなくても、
それらがクローゼットの
ハンガーにかかっているだけで、
気持ちをときめかせてくれる。

これからも、収納と相談しながら、
紺色の服を着たり、
見たりしながら楽しもうと思う。

今週のお題「わたしのコレクション」