語る、また語る

話したいことを書いています。

大浴場を求めて

結婚式を挙げた式場が閉館するようだ。

JRの駅からは少し離れるが、
県を代表する観光地に近く、
落ち着いたホテルだった。

県外から来てもらった両親や友人に、
観光も楽しんでもらえたらと選んだ。

十年前にお世話になってから、
その後一度も顔を出していないので、
閉館する前に食事に行きたいが、
むずかしいだろうか。
できれば、宿泊もしたい。

結婚式の後に宿泊できたのでは
と思われた方もいるかもしれないが、
もろもろあって、あきらめたのだ。

ホテルには近くの温泉から引き湯を
している大浴場があった。

結婚式の後は、
どうしても大浴場の湯船に入りたかった
私にとって願ったり叶ったりの条件。
ただ、なんと利用時間が23時まで。

披露宴は夕方からだったので、
二次会が終わってホテルに帰っても、
もう大浴場には入れない。

もう少し遅くまで開いていてくれたら
よかったのだが。

しかたなく他を探した。
条件は、もちろん夜遅くまで開いている
大浴場があること。

うれしいことに、
大浴場(しかも天然温泉)のある
小ぎれいなビジネスホテルが見つかったので、そこに泊まった。
天然温泉は翌朝までの営業。
繁華街に近く、二次会会場からのアクセスもよかった。

時間が遅かったからか、
ほぼ貸し切り状態で大浴場を堪能、
とても満足だった。

考えてみれば、
私は旅行に行ったときも
大浴場のあるホテルを選んでいる。

旅行に行ったら、
できるだけ歩いて、動いて、
その後に入る大浴場。

広い湯船で開放感を味わいながら、
ちょうどいい温度のお湯につかって、
一日の疲れがスーッと癒されていく
あの感じがよいのだ。
(家に帰ってきてから感じる
浴室の狭さよ…)

久しぶりに大浴場に入りたい。

今なら歩かなくても、
湯船に浸かっただけで、
たれぱんだみたいになりそうだ。

結婚式の後に入れなかった、あの大浴場。
リベンジできるかなぁ。