語る、また語る

話したいことを書いています。

感覚を呼び覚ます

少し前に、図書館で見つけた絵本、
山崎優子さんの「しずかなみずうみ」。


森の向こうの、
もっと遠くの山の静かな湖で
ボートを漕いでいく子ども。

ゆっくり流れる時間を感じるような絵本。

深みのある絵、
さりげない"しかけ"もあっておもしろい。

物語と同時に進んでいく、
明暗のグラデーションがきれい。

記憶が記憶を呼んで、
しばし昔にタイムスリップ。

いつか山で見た星空。
亡くなった祖母の家の近くの川で
ゆれてた小さな魚たち。
それこそ湖に泳いでいた鴨の群れ。
湖で乗ったボートで、
父がオールで掻いた水の重み。
夏に走り回った森の温度。

田舎で育ったこともあるが、
わりと自然に触れてきたように思う。
子ども時代は自然の中で遊ぶのは
それなりに楽しかったが、
なぜか今はアウトドア派にはなってない。

でもこれまでの自然体験があったから、
こういった本を読むと、
そのときの風景を思い出したり、
感覚が呼び覚まされたりするのだと思う。

子どもたちにも、
できるだけ自然に触れさせてあげたい。

その素晴らしさだけでなく、
もちろん恐ろしさも伝えつつ。