語る、また語る

話したいことを書いています。

「姉ちゃん」だった

先週のGWに、
一番下の弟が家に遊びにきた。

子どもたちもすぐに慣れて、
いつもより少しにぎやかな時間だった。

私は、三人兄弟の長女だ。
下の弟二人は、
私のことを「姉ちゃん」と呼ぶ。

だから弟が来ている間は、
三つのパターンで呼ばれた。

家族からは
「お母さん」または「ママ」、
弟からは「姉ちゃん」だ。

特に、人生ゲームや双六で遊んだときは、
順番を指示するのにかなりの回数を
弟から「姉ちゃん」と言われた。

私は家族からすると母だけど、
弟からすると姉なのだった。

なんだか不思議な気分である。

大部分を”母"として過ごしていて、
"姉"としての私は影が薄い毎日だ。

弟に「姉ちゃん」と呼んでもらい、
そういえば私は「姉ちゃん」なのだと
しみじみ思ったのであった。

兄弟三人、
自由にのびのび過ごしていた日々が
少し懐かしくなった。

シェアハウスに住み、
30歳にして3回目の転職を
しようとしている弟。
話していて刺激の連続。

遠路はるばる会いにきてくれて
ありがとう。