語る、また語る

話したいことを書いています。

夏のルームウェア

ルームウェアといえるほど、
洒落たものではないが、
家ではくつろげる服を着ている。

特に近ごろの夏は暑いため、
クーラー無しでは生活できないのであるが、
クーラーのある部屋とない部屋との
気温差は服を選ぶときにも悩ましいものだ。

クーラーをつけていると、
ともすれば少し冷えすぎる。
(私が冷えやすい体質なのもある)
なので寒くなりすぎない服がいい。

かといって、廊下や洗面所に出たときの
あのムワっとする感じは
できるだけ軽減したい。

特に冷えるのは下半身なので、
ほどよく暖かく、ほどよく涼しいもの
(そんなものあるのか)を
着たいと思っている。

何年もいろいろなものを
買っては試してみたが、
今は下の無印の七分丈パンツに
落ち着いている。
上は、ほぼシンプルなTシャツである。
www.muji.com

この七分丈というのがポイントで、
膝上とか短すぎると寒いし、
かといって足首まであると
暑いときに煩わしいしと、
ふくらはぎの真ん中あたりで
ちょうどいいのである。

肌ざわりもサラッとしていて
ストレスがないし、
生地の厚みも薄すぎなくていい。

今はネイビーとダークグリーン
夏を回しているところだ。

そこまでへたっていないので、
今年も引き続き着れそうである。

梅雨が明けて、
もう少し夏らしくなってきたら、
クローゼットから引っ張り出してきて、
これらとともに少しでも快適な
夏を過ごしたい。

しばらくはずっと着続けたいので、
廃盤にならないことを願っている。

今週のお題「夏物出し」