語る、また語る

話したいことを書いています。

異色を放つタイトルチューン~GOOD BYE APRILのアルバム「Xanadu」から~

シティポップについての本から、
GOOD BYE APRILというバンドを知り、
車で聴いている。

katari-mata-katari.hatenablog.com

中でもアルバム「Xanadu
ザナドゥと読む)をリピート中である。

このアルバムは、
非常によくまとまっていると思う。

そして、何がいいって、
このザナドゥという言葉の響きである。
(アクセントは第一音節、zˈænəd(j)ù)*1
Xが入っているからなのか、
字面もかっこいいのだ。

また、「Xanadu」という
タイトルチューンが収録されていて、
アルバムのラストを飾っている。
そういうことって、
けっこう珍しいのではないかと思うのだが、
どうなのだろう。

最後に持ってくることで、
アルバム全体がキュッと
引き締まっているような印象を受ける。

Xanadu」は、歌詞にもあるように
"桃源郷"という意味だ。
二人で共に歩んでいけるなら、
どこでも理想の場所になり得るという
希望を歌った曲。

まず、冒頭から派手めな
エレキギターが鳴る。
何かが始まるような音のようで、
ここが私は一番好きである。

そのあとはシティポップサウンドなのだが、
ところどころにエレキギター
スパイスを効かせていて、
少しロック色も感じる。

www.youtube.com


他の曲と比べてみると、
毛色の違いがわかりやすい。

ひと夏の恋を切なく歌った「人魚の鱗」。

www.youtube.com


夏の別れを情景たっぷりに、
ほろ苦くでも少し力強く表現している
「サマーレインと涙の跡」。

www.youtube.com
どうでしょう。

やはり「Xanadu」の雰囲気は
別格という感じがする。
でも、タイトルチューンということもあり、
このアルバムを貫く一本の幹
といったところだろうか。

今年の夏は、このアルバムとともに、
過ごすことになりそうだ。

アルバム「Xanadu」全曲はこちら↓

www.youtube.com

 

Xanadu

Xanadu

Amazon