語る、また語る

話したいことを書いています。

オーストリッチで、掃除を楽しく

また、形から入ってしまった。

オーストリッチの羽根はたきを買った。
オーストリッチとは、ダチョウの羽のこと。

ちょうど、
テレビ台や出窓のスペースに溜まる
ほこりをどうにかしたいと
思っていたところだった。

掃除機で吸ったり、
雑巾で拭いたりしていたが、
ほこりというものは、やっかいなものだ。

よくあるハンディタイプのクリーナーも
検討したけれど、
使い捨てシートを買ったり、
モップのところを洗ったりと、
どうもしっくりこない。

はたきなら掃除して、
外で軽く振ってほこりを
落とすだけでいいから楽だ。

それに、見た目も素朴で家に
馴染んでくれそうである。

おかげさまで、毎日(とまではいかない)
気になるところをはたいて、
快適に掃除ができている。

予想はしていたのだが、
この羽根ばたき、子どもたちの
食いつきがすごかった。

見つけるなり、やってみたいとか、
魔法の杖とか、持って追いかけっことか、
遊びが始まった。
珍しかったんだろうな。

少し気になったのは、においである。

動物のにおいというか、何というか、
野生を感じるのだ。
でも耐えられないわけではないし、
周囲にいると、におうわけでもないから、
そこまで神経質にならなくてもいいと思う。

あと、メーカーの断りにもあったけれど、
グリップは一般的なものが
使用されているため、
デザインはもう一押しといったところだ。

たしかに、
もっとデザイン性のあるものもあった。
そこは質とのバランスですね。

ちなみに、
こちらで気になっていたほうき*1も、
先日ついに購入。
ちりとりも買いかえて、気分も新たになった。

自分好みの道具があると、
気が進まない掃除も、
少し楽しくなってくるのだ。