語る、また語る

話したいことを書いています。

自分とつき合う

わたしはのんびりしている。

だから、せっかちな人とは合わない。

そういう人には
近づかないようにするけれど、
どうしてもというときもあるから、
そのときは、できるだけ二人で
何かをしないようにする。

というか、
自分と合わない人にはみんなそうする。

いや、のんびりしているのに、
頑固だからそうなるのだ。

自分のペースを乱されるのを好まない。

めんどくさいと思う。

知人は、
「この年になると、いまさら
性格、変わらないから」と笑う。

この先もずっとつき合っていくのは、
そのめんどくさい自分である。