語る、また語る

話したいことを書いています。

心の覗き見~魚住陽子さん、おすすめ本2冊~

夏のおわりにかけて、
作家、魚住陽子さんの著書を読んでいた。

発表された作品は、
決して多くはないけれど、
一つひとつに重みを感じた。

11歳の娘と夫を捨てて、
男の元へ逃げる40歳になる妻の
家で過ごす最後の時間を濃密に描いた
「敦子の二時間」。

冷静を装おうとするけれど、
そうもいかない妻の心の動きに
引き込まれる。

動く箱

動く箱

Amazon

 

10歳差の夫婦と姑との暮らしを
三者それぞれの視点から見つめる
「緑の擾乱」。

みんなそれぞれ口には出さないけれど、
秘密めいた気持ちをもっていて、
それがリアルだった。

人には言いたくない、
言わないと決めていることは誰にでもある。

心の覗き見をしているみたいだった。
でも小説って、みんなそうかも。

さて、いつものことであるが、
本を読むときは、
電子辞書とタブレットは欠かせない。

わたしは本をあまり読んでこなかったので、
知らない言葉が多いのだ。

漢字の読み方とか言葉の意味とか
雰囲気で読み進めてもいいのだけど、
気になるから調べるようにしている。

こんなにたくさん言葉があるのに、
使うのはいつも決まったものばかりだ。
ちょっともったいない気もする。

目にしていないと、
せっかく覚えても忘れてしまうから、
これからも本は読んでいこう。