語る、また語る

話したいことを書いています。

重々

わたしは寒がりである。
だからとにかく、冬は着込む。

コットンの肌ざわりが好きなので、
トップスはコットンのものを着る。

それに風を通さない
カーディガンなどを羽織る。

さらにフリースを、
その上からボアのゆったりしたガウンと
ベストのようなものを重ねる。

何やら着ぶくれている雪だるまのようだが、
家の中だからいいのだ。

空気の層があった方が暖かいというから、
それを5つつくっているのだ。

そして、ここのところ、
何やら腰が寒いので、
腹巻を追加しようとしている。

ボトムスは裏起毛のものにしており、
その下にはレギンスをはき、
レッグウォーマーをプラス。

靴下はスタンダードなものと、
厚手のものを2枚。

もしものときのために、
ネックウォーマーもスタンバイしている。

わたしは、わりと温暖な地域に
住んでいるけれど、
このありさまである。

暖房をつけると部屋の空気もよくないし、
あたまがボーっとしたり、
おかねもかかるので、
できるだけ工夫して、寒さをしのぎたい。

家族に強要すると、ブーイングだけど。

まあ子どもたちなんかは、
寒さに強いから薄着ですね。

あたためることもたいせつだが、
筋肉量を増やすなど、
内からあたたまる体も、
つくっていきたいものである。

今週のお題「防寒」