語る、また語る

話したいことを書いています。

ブログを書き終えたあとのブログ

文章を書くというのは、
それなりにエネルギーがいる。
少し書いたら、休憩がいる。

書くことを生業にしている小説家や
ライター、もちろんブロガーの方は、
こんなもんじゃない文章量を
書いてらっしゃるんだろうから、
想像しただけで圧倒されてしまう。

わたしは、ブログを書きながら、
ヒーヒー言っているような感じは
否めないけれど、
それは消耗という感じではなくて、
ある種の心地よさを伴ったものである。

書き終えたあとに、
「もうブログ書けないかもしれない」と、
思うことはけっこうあるが、
一日やそこら経ったら、
また書きたいと思っている。

少し休んだら、
また文章を書きたくなるのだから、
不思議なものだ。

わたしのブログは、
一応誰かに読んでいただくことを
前提にしているので、
誤字脱字や前後の繋がり、読みやすさには、
気を配っているけれど、
それにつけても、
何かをしたためるということは、
頭を使うことなのである。

逆に、まったく疲れないで
文章を書くことはできないのだろうか。

ゆるく、軽く、気ままにに書く。

脱力系エッセイというものがあるけれど、
あれは脱力しているように
あくまでも「真剣に」かいたのであって、
本当に脱力しながら書いているのでは
ないと思う。

わたしが、徒然に文章を書いたら、
たぶん、読むに堪えない、
意味がわからないものになりそうである。

一方で、そういうブログもまた、
「興」なのかもしれない。

まったく推敲しない文章。
混沌としてるけど、おもしろそう。

そんなことする勇気はないが。