語る、また語る

話したいことを書いています。

思い出話が好きだけど

思い出話をするのが好きである。

気をつけていないと、
ブログがすべて思い出話に
なってしまいそうなので、
意識して「今」のことも
書くようにしている。

とはいっても、日記などは、
思い出ほど熟成されていないにしろ、
「過去のこと」であることに
変わりはないから、そこまで
気にしなくてもいいのかもしれないが。

おそらく、思い出話をしているときって、
現実を一瞬でも忘れられるんですよね。

そんなにつらい現実を生きているという
わけではないと思うのだが、
いやなことはひとつやふたつ、
まあいろいろあるわけです。

あとは、思い出を振り返っていると、
見えてくるものもあったりする気がして。

だいたい、何もわかってなかったとか、
あのころはそれはそれで恵まれていたとか、
そんなことばっかりだけどね。

笑っちゃうような思い出なら、
人の話を聴くのもいいね。

自分勝手なもんだね。