語る、また語る

話したいことを書いています。

ブログとTwitter、同じだけど違う人

はてなブログをされている方で、
Twitterもされている方がいる。

わたしはTwitterをやっておらず、
気が向いたら見るくらいなのだが、
どうもブログとTwitterでその方の
イメージの違いを感じることが多い。

長めの文章を書かれている方が、
Twitterに短文を投稿されていると、
「こんな短いことも思うんだ」とかなる。

わたしたちは、個々の思考をつなげて
文章にしているわけで、
それを分けていったら、
ひとつひとつは140字とはいわないが、
それなりの文字数に落ち着くのだから、
あたりまえといえばあたりまえである。

人にもよるとは思うが、
Twitterはどちらかというと、
くだけているイメージかもしれない。

ブログではわりとかしこまったような
文章を書かれている方が、
Twitterでは誰かに話しをするような
ゆるい口調を用いていて、
拍子抜けしたこともある。

そりゃあ、ブログだけでその人のことが
わかるなんて、そんな単純なことが
あるはずはない。

「音声配信は自分のA面、
SNSは自分のB面」とおっしゃっていたのは、
ある音声配信をされていた方だ。

そうやって、発信媒体によって、
違った自分がいるというのは、
案外そういうものなのかもしれない。

ようやくブログに、
自分を反映できつつあるわたしにとっては、
まだまだ遠いことのように思える。