語る、また語る

話したいことを書いています。

床そうじ

たまに床そうじがしたくなる。

掃除機をかけた後に、
派手に雑巾がけをするのだ。

先日も床掃除欲がわいてきて、
クーラーもかけず、
一心不乱に一階の床を拭いて回った。

掃除機で吸いきれないほこりや、
外から入ってくる細かい砂、
汗や皮脂などを一掃できたはずだ。

雑巾は、汚れで薄いグレーになった。

前にしっかり床そうじしたのは
いつだったか。
GWとかだっただろうか。

子どもの食べこぼしなどで、
部分的に拭き掃除をすることはあるが、
ここまで広範囲をしたのは、久しぶりだ。

床そうじをしたという達成感で、
気分がいい。

床もすべすべで素足で歩いても、
気持ちがいい。

掃除前はいかにザラザラした床を
だったことか。

この快適さを継続させるには、
定期的に拭き掃除をする必要があるはずだ。

床そうじを一週間のルーティーンに
組み込んでしまえないものか。

いやまて、
私は自分の性格をわかってる。
そんなの無理に等しい。

でも、日々床がピカピカだったら、
気分上がるに違いない。

さて、
次の床そうじはいつになるであろうか。