語る、また語る

話したいことを書いています。

ブログ、自分スタイル

先日、感じたことを
勢いでバーッと書いたのだが、
何だかそれだけで満足してしまって、
更新するにいたらなかった。

ふたつ書いて、
両方ともお蔵入りなので、
少しもったいない。

1時間以上はかかっていたから、
書いた時間は何だったのかと
ちょっともどかしい。

もやもやしたら、
ひとまずその気持ちを
紙に書き出すとよいと
聞いたことがある。

今回は紙ではなかったけれど、
書くことで考えがまとまって、
すっきりしたんだと思う。

読み返してみて、
自分の内に留めておきたくなったと
いうのもある。

わたしの場合、
ひとつのブログを公開するにあたって、
ああでもない、こうでもないと、
吟味してしまうときがたまにある。

だから、公開されている
いくつかのブログは、
その選別を突破しているものと
いうことになる。

公開するのを迷わないときも
もちろんある。

その違いは、何だろう、
なんとなく感覚的なものだ。

慎重というか、考えすぎというか。
もっと気楽に書いてもいいんだろうけど。

でも、それがわたしスタイルです。