語る、また語る

話したいことを書いています。

あのころのラジオ愛~交換テープの思い出~

わたしの10代は、
ラジオとともにあったというくらい、
あのころはよくラジオを聴いた*1

一日中ラジオつけっぱなし、
下手したらラジオをBGMに寝て、
DJに「おはようございます」と
起こしてもらったこともある。

そんなラジオ好きが高じて、
小学生のころに
友人と「交換テープ」なるものをつくった。

これは、ノートに文字をつづる
交換ノートの音声版で、
テープに自分の声を録音し、
次の日友人と交換するというものだった。
カセットデッキをちまちまと、
いじっていたのが懐かしい。

内容は、今日あったこととか、
たわいのないことだ。
台本もなく、ただ思いつくままに話して、
一回が5分から10分ほど。

これをインターネットで公開すれば、
今でいう音声配信ということになる。

声というのは、
自分が聞いているのと
人に聞こえているのとでは、
違うということを体験したのも、
このときだった。

数か月くらいでやめてしまったが、
今もしあのテープが残っているなら、
聴いてみたいものである。