語る、また語る

話したいことを書いています。

忘れない風景

忘れられない風景というものがある。

何かをきっかけに、
ふっと思い出したりして、
しばし過去にタイムスリップする。

かなり鮮明覚えている風景もあれば、
何となく記憶に残っている風景もある。

先週の長男小学校へ初登校。

黄色い帽子をかぶり、
蛍光色(黄色)のランドセルカバーをして、
家を後にする長男の後ろ姿。

ランドセルを背負って歩く長男を見て、
大きくなったなぁとしみじみした。

これは一つの節目、
忘れられない風景になりそうだ。

節目といえば、
もう一つ忘れられない風景がある。
長男を初めて保育園に預けたときに風景だ。
(次男のときは忘れている…)

当時長男8か月。
あの日は間違えて自分の車のカギを
長男の荷物の中に入れてしまい、
取りに戻ったのだった。

さきほど別れたばかりの、
母親がまた戻ってきたことを
認識するやいなや、
お腹を床につけたまま、
大泣きしながら”ずりはい”をして、
こちらへ近づいてくるではないか。

泣いて少し赤くなり、
くしゃくしゃになった顔で、
全身の力をつかって前進する小さな長男。
あの風景は、今でも忘れられない。

そんなことを思っていたら、
さっき長男が戻ってきて一言。

「名札忘れた!」だって。