語る、また語る

話したいことを書いています。

夏のつかれ

夏が過ぎて、
過ごしやすいと感じるこの季節は、
夏のつかれが出やすいといわれる。

夏は一年の中で、もっとも気温が高く、
それだけ汗をかいたりして、
体は何かと忙しい。

夏は夏で、朝も早くから外が明るく、
日が長いのは得した気分にはなれるけれど、
涼しくなってきて、今とても楽である。

いかに夏の暑さに、
体が堪えていたことか。

そんな夏を乗り越えた矢先、
わたしと子どもたちは、
少し不調が出た。

長男は食べたものを戻してしまい、
次男は口内炎ができ、
わたしは喉が痛くなった。
(夫は元気である)

新学期が始まったと思ったら、
また長男は学校を休むことになったので、
やれやれといったところだった。

わたしも喉の痛みで病院に行ったところ、
抗原検査をするからと、
車で1時間近く待つことになり、
昨今の社会事情をふつふつと感じた。

幸い軽く済んだけれど、
恐るべし夏の落としものだ。

夏が終わったとホッとして
気がぬけたのもある。

涼しくなってきて、
いろいろと動きたくなるけれど、
体を休めつついきましょう。