語る、また語る

話したいことを書いています。

夏と洗濯

今年もこの季節がやってきた。

泥遊び、水遊び、
プールの始まりである。

子どもたちにとっては、
たぶん楽しいと思うのだが、
家事をする身としては、
複雑な気持ちである。

なぜなら、洗濯物の量が増えるからだ。

まず、長男は学校でプールがある。
水着や帽子など、水洗いするにしても、
"洗濯"はしなくてはならない。
(そのうち自分で洗ってもらおう…)

さらに最近は、近所の友達と
水鉄砲の撃ち合いが流行っていて、
びしょびしょになって帰ってきて、
また下着込みの上下の服一式を
着替えるものだから、これがまた。

次に次男は、6月から保育園で
泥遊びが始まっている。
汚れてもいいTシャツ、
パンツ、半ズボンを着るのだが、
遊んだ後は砂まみれなのである。
砂を取り除くために、
何度も洗面台ですすがなければならない。
何なら、服に着替える前に
体をふくタオルも砂がついているから、
もう砂との闘いである。

7月に入ると水遊びとプールになる。
そのときは砂は少なく、
半ズボンはないが、洗うべきものは
ほぼ同じだ。

今のところ、
長男のプールと次男の泥遊びが
重なっていないけれど、
次男の泥遊びは天気がいい日は
毎日あるから、どうだろうか。

でも、
これから外でするスポーツを始めたら、
こんなんじゃないと思うし。

いずれにしろ、一年を通してみれば、
一時的なことなので、
仕方なくせっせと洗濯にいそしむことにする。