語る、また語る

話したいことを書いています。

自分のために、書いている

なぜブログを書くのか、
それは自分のためというのが大きい。

回りまわって誰かのためになったら、
それはそれでうれしいけれど、
ほとんど自分のために書いている。

だからごく個人的なことも書く。
というか、それがブログというものか。

ただ書くだけだったら、
わざわざ公開する必要はない。

でも、自分の思ったこと、感じたことを
顔も知らない誰かにただ伝えたいから、
書いている。

どこまで伝えられるかは、
わからない。

でも伝えたい。